あたいは本文を校閲するのが得手だ。

我々はニュースを校閲するのが上手だ。ニュースとニュース結び付けるときの接続詞が間違って使われていないか、助詞のリタイアがないか、というようなことをチェックするのだ。勿論、現下挙げた体制は最も基本的なことで、校閲の中心となるオペではない。校閲の心髄は、言葉のやり方の成否を調べる、というところに起こる。一環例を挙げる。「檄を移す」という言葉の考えは「自分の所感に確信を探し回るところ」である。ただし、一般的に思われているのは「元気のないヤツに刺激を与えて活気づけるところ」である。こういう勘違いの原料で書かれたニュースを読んだこと、校閲お家はすぐにこういう誤用に気づかなければならない。そのためには「檄を抜かす」の考えを正確に理解しておく必要があるし、作者がいかなる真意で「檄を抜かす」と書いたのかを予測しなければならない。因みに、年季読物の校閲となるとグングン厄介なことになる。ニュース中に出てきた言葉が、その時代に使われていたのかどうかを確かめなくてはならないからである。これを調べるにはホームページやパンフを渉猟する必要がある。校閲お家は豊富な知識を持っていなければならないし、物事を徹底的に調べ持ち上げる元気をも持っていなければならないのだ。http://salafe.hatenadiary.jp/